4×4×4キューブ攻略法背面十字を作る

更新日:2019.07.22
  1. HOME
  2. ルービックキューブ攻略法
  3. 4×4×4キューブ攻略法
  4. 背面十字を作る
背面十字が完成した状態

このページでは4×4×4キューブにおける背面十字の作り方について解説していきます。 この段階で、3×3×3では出現し得なかったパターンが現れます。その場合の対処方法についても説明を入れておきます。

背面十字を作る手順

ここの操作も、3×3×3の操作と同じになります。 以下の操作を繰り返すことで、背面のエッジキューブの向きが変わっていきます。

背面十字を揃える手順

背面の模様は、以下の順で変化します。例によって2から3に移る時、図とは反対向きになるので、 持ち直してから操作していきます。

背面十字ができる順番

4×4×4で出現する模様

3×3×3では上記の4パターンしか模様は存在しませんでしたが、 4×4×4では以下の2種類のパターンも出現します。

変形パターン1
変形パターン2

つまり1辺のエッジキューブの向きが入れ替わっているのです。 この場合の対処方法は3つあります。

1.向きが揃っているものとみなす

実際には十字の1辺が欠けていても、 正しい向きに揃っているものと仮定して以降の操作を行います。 上図の右側は既に十字が完成している、左側はL字型になっているとみなします。 そして一番最後にエッジキューブの向きを修正します。

2.側面のキューブを入れ替える

側面の1辺のエッジキューブを下図のようにわざと逆に入れます。 そうすると上面は十字型を作ることができるようになります。 最後に側面のエッジキューブを揃えます。

側面のエッジキューブを逆にする

3.エッジキューブの向きを修正する

3番目は現時点でエッジキューブの向きを揃えてしまう方法です。 この操作は長いので間違いやすく、最後にした方がいいと個人的には思いますが、 一応操作方法を掲載しておきます。 青と黄色のエッジキューブが入れ替わっている場合の修正方法です。

エッジキューブの向きを変える手順
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,3" data-matched-content-ui-type="image_stacked,image_card_sidebyside">